Shanghai ②

上海2日目

こっちに来てメトロをめちゃめちゃ使う



2日目にしてローカルかって言うくらいスムーズに乗れるようになった。

日本同様駅構内にはいろんな広告があるんだけど、その中でも気になったこの広告。

IMG_0804.JPG



これは一体どういうシチュエーションでこうなるんですかね


Lionの歯磨き粉の広告



女の子2人が浴衣でご飯で自撮りは分かるけど、そこに歯磨き粉は持たないでしょ〜


この感覚、俺だけじゃないことを祈る👍




その前に少し昨日の続きを。

ホストの彼から事前に聞いていたのだけども、今週から新たなルームメートが来たらしい。

が、しかし実際にあってみるとなんとニュージーランド🇳🇿の人だった!




ニュージーランド以外でニュージーランド人に会う確率は本当に低いから、あった時はテンション上がる。


ということで、昨日は目が閉じそうになりながらもホストの人に頂いた青島啤酒(チンタオビール)片手に小飲み会が開催された



お酒を飲んだためかいよいよ眠くなり、

もう眠いので今日は寝ます!
と正直に告げ、ベットに入り間も無く死んだ





2日目。


今日の予定は、、今のところ無い😅


僕がお世話になってい家の立地

神奈川で例えると大船とか逗子みたいな位置。つまり観光するためにとりあえず横浜、東京まで出るという感じになる

(昨日空港からはじめに行った人民広場、あそこがいわゆる中心地)


今日も人民広場あたりを目指すことにした

とりあえずニュージーランドの彼も途中まで一緒に行くことに。


電車の中ではニュージーランドの話をしたり中国の話をしたり、日本の話をしたり。


彼はチャリやハイキングといったアウトドア好きで、日本にも行ったことがあるとのこと。


お互いの共通部分が多いから割と話が続く。


お互い英語で話してるんだけど、周りのローカルの人たちがめちゃ見てくるのがすごく伝わってくる😂




日本もそうだけど、上海も都心はメトロで張り巡らされていて、移動はメチャ便利。

しかも日本とは違い、いわゆる全てJRみたいな感じだから色々と気にする必要がない。

map_b
東京に負けてないごちゃごちゃ感



それに2,3駅の移動だと3元(50円)と本当に安い!



彼と別れた後、「新天地」という場所に行ってみた。

事前情報によると、
「モダンでおしゃれな雰囲気が楽しめるエリア。上海にいることを忘れてしまう欧米風の一区画」

とある。


実際に行ってみて、確かになんだかどこにいるのか分からなくなってしまった。



ブランド物とかおしゃれな店ばかりだし全体的な街づくりが上海ぽくない。

なにより外国人観光客が多い。(自分もね)


もともと自分はショッピングには興味がないので、だいたいの場所を歩きおえて、ぼーっとしてしまった。

以下の写真は他のウェブサイトから引っ張ってきた写真。

写真撮ってないってことはIt wasn’t really for me.だったということだ🙃

100608070606272ee761dc46cd74f6f_S2Xintiandi-47608


お金持ちの集まりだ
やばい、ここは俺のいるとこじゃない笑

どこかに逃げ込みたい衝動に駆られ、スタバに避難



海外だととりあえずスタバにってなってしまう自分がいる


日本だとまず入らないのにね。多分心の中で、「日本と変わらないもの」を求めているんだと思う。
とりあえずスタバで2時間ほど時間を潰す。


そしてふとある事を思い出す。


中国に行く前に、日本の友人から、現地にいる上海人を紹介してもらった。
そしてその人たちと会うのが今日だった事を思い出した!


が、中国は日本で使っていたLine, Facebook, その他Google関連のアプリは使えない

それは元々知ってた、がまぁ旅行中くらい使えなくても大したことないやろとか思ってたが、大したことあった!


メッセージが見れない。
今日会うはずの人からメッセージがきているに違いない|( ̄3 ̄)|


たしか友人が、VPNとかいうのを使えば中国でも使えるとか言ってたのも同時に思い出した。(詳しくは省略!)

ということで、諸々の手続きをした後やっとメッセージを見ることができた



案の定メッセージが届いていた。

「夜ごはん一緒に食べましょう!」

ということで、もちろん自分は予定がないので即OK!

それにしても早く気づいてよかった。(いや、まぁまぁ遅いか( ̄▽ ̄))


ということで、夜の予定が決まった。

が、それまで時間がある。



そういえば中国に行ったら、こっちの語学学校とか見てみたいって思ってたな

とそんな事を思い出した。

もしかして中国語をガチでやることになったら、選択肢として無くはない。どうせならこっちにいる間に語学学校の雰囲気とかコース、値段を聞けたらなとお思った。



ということで



一番近くの語学学校に行ってみることに。


最寄駅は「安静寺」というところ。たしか上海の観光スポットの内の1つだったっけな?


まぁいいや、まずは見学だ。

その語学学校は高層ビルの15階にある。早速エスカレーターで上がる。




が、着いてみて人が居ない


いや、1人だけいる


見学したいんですけど、的な事を言ったら、今日は週末だから授業はないんだ〜って言われた( ̄▽ ̄)



ざんねん!



けど来週にでもまた来てくださいと言われたので、

来週の予定なんか分からないのでゴメンなさい




とは言わなかったけど、電話番号だけ伝えて語学学校を後にした。(そのあと担当者の方から連絡が来たけど丁重にお断りしました。)


まぁ残念ではあったけど1つだけラッキーだったこと、それは


安静寺を上から見下ろせたこと!

IMG_0776



安静寺てこんなにデカかったんだ〜
15階にいるはずなのに、それよりもでかいな!

とにかくすぐ近くに見える

もし安静寺に行くことがあれば、周りのビルに用があるふりをして入れば、
他の人が見れないアングルで拝めるのでオススメです^_^



ということで予定より早く終わったので、近くの公園をふらふら歩くことにした


おばさん、おじさんが何やら音楽に合わせて踊っているので近くのベンチに座って見ることにした👀


音楽に合わせて超スローモーションで体をフニャフニャさせる

(これの写真がないのはまじ痛恨のミス!)


わざわざ近くに座っているのに失礼をはたらくの行けないと必死に口を覆い笑いをこらえる



昨日からうわぁ!って思う中国の文化色々とみて来たけどこれはかなり強烈。けどこれは何なのか、何でやるのか気になった。


あまりに気になったので、隣にいたおばあさんに聞いてみた。

いつものパターンで、筆談に持ち込もうと思ったんだけど、ペンと紙を持って来ていないという凡ミスにより、何も分からずに終わってしまった。



くぉーーー、これは凡ミスだ
中国人とコミュニケーション取るためには必須アイテムなのになぁ〜


そう、うな垂れていると、今度は反対側の隣の人の視線を感じる


どうやら先程の僕とおばさんの会話から、

僕が日本人であること
中国語を勉強してるけどまるで喋れないこと
1人で上海を旅行してること

を理解していたようだ


話しかけてみると、なんと英語が喋れるではないか!

勝手なイメージだけど、上海の人って結構英語が使えるもんだと思ってたけど、そんな事は全くなかった。

むしろ年齢の高い人は中国人じゃないと分かっても、中国語で話し続けるくらいだから。


何でだろうね、普通こんなに超カタコト中国語を話す青年に、そんなマシンガントークしなくたっていいのに( ̄▽ ̄)


もっと「全く分からない」ってのを全面に出せばよかったのかなぁ


まぁいいや

とにかく上海で英語を喋れるローカルがいると超興奮する



その人は17歳の女の子だった。
やはり若い人は喋れるんだな〜^_^


もうここがチャンス!とばかりにさっきの奇妙なダンスもそうだし、昨日今日のびっくりした出来事、なんで中国て〜なの?とか聞きまくった。

それと同時に彼女も日本のアニメや漫画が大好きで日本に興味を持ってたらしい。


とりあえずお互い暇だったので、彼女の生活圏内であるこの安静寺あたりを案内してもらうことになった



やはりローカルと一緒に行動を共にすると心強い、
IMG_20170603_172948

IMG_20170603_172934

IMG_0775



自分1人だったら行ってなかったような場所ばかり

IMG_0779

↑静安寺の入り口。僕らがついた頃にはちょうどしまってた。。残念!



ガラス張りの綺麗な商業ビルに連れて行ってくれた


「ここには有名なLibrary(図書館)があるんだよ」

と言われたので、こんな都会のビルど真ん中に図書館なんておしゃれなんだ!行くしかない!



と思って快諾したところ、連れて行かれたのはBookstore (本屋さん)だった


😢😢😢😢


Bookstore とLibrary は間違えないでくれ〜と思ったが

17歳やし間違い方が可愛いから許すことにしよう




そろそろ時間になったので、お礼を言って彼女とは別れた

やはりローカルと話せば話すほどその街が好きになっていく感は間違いないな

今日会う友人の紹介である友人(とその彼氏さん)とは、19時集合




行ったのは「海底捞锅底」という火鍋専門のレストラン

上海ではかなり有名らしい

IMG_0789



なんとびっくり
僕等が到着した時は60組み待ちだった。

写真はみんな順番待ちの人。

その人たち用のつまみをみんな食べている。

確かに60組だったら1時間以上は待つだろうから、つまみを食べて時間を潰してるみたいだった

けどそれでお腹いっぱいになっちゃったらどうするんだよ、お店のためにもならないよなとか思ったり。

おつまみもセルフだった。日本にはないな〜



さすが上海!

いやてかみんな待つんかいな!!

僕らは同じ店の別の店舗が近くにあるとのことで、シェア🚲チャリを使って15分ほどかけて移動した。


火鍋は中国ではかなり有名みたいだね

IMG_20170603_210512


2種類ある内の右側の赤い方は途中から辛過ぎてギブアップした( ̄▽ ̄)

 



いろんな種類を楽しめて満足!

個人的には店員さんのフレンドリーなサービスが印象的。
向こうは特別なことしてないけども、日本だったら絶対にないな〜って思った。

例えば僕等が食べ終わって、店員さんがやって来て、箸を使ったクイズ(箸を2本動かして〜を作る的なやつ)を出してくれた。




日本だったらなんというか、あんまり初対面の人にそういうことしないと思うんだけど、僕等に対してやってくれたのは嬉しかった。


お腹いっぱいになった


美味しい上海料理、ご馳走様でした!
お忙しい中ありがとう😊

そしてこんな素敵なカップルを紹介してくれた友人にも感謝です!


上海ひとり旅、なんだかいい感じ♪


 

 

明日は何をしようかなぁ〜


 

 

おわり

広告

1件のコメント

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中