Visit To Wellington

ひさ〜〜しぶりの投稿です

 

一時期のブログの更新率はどこへやら

あの頃が懐かしいですな〜

 

1月にもう一回くらい書こうと思ってたんだけど、

風の速さで過ぎ去ってしまいあっという間の2月

 

 

このブログもどうなることやら〜

 

 

最近仕事で英語を使うようになって、いろんな旅行者と話すようになった

 

この前ふと思ったんだけど、

アメリカ人のお客さんがいて、その人と英語でしゃべってた時に、

「この人めちゃくちゃアメリカ英語だな〜」

って思った自分がいた。

英語を習った当初からずっとアメリカ英語で勉強してきたが、

1年近くもNZにいて、ついにアメリカ英語に違和感を覚えるようになったということだ。

 

それに、この前会った人にも、

「めちゃKiwiっぽい英語やな」って言われたから、

自分では気づかないけど、(多少は気づいてる)

変化したんだな〜って改めて感じた☺️

 

 

残り仕事も1ヶ月半

吸収できるところは吸収して帰りたいと思います!

 



 

 

さあ題名にもあるように、

今回は、NZの首都Wellington(ウェリントン)に行ってきたので

Wellingtonについて書いてみようと思う

 

 

「Wellington」

首都なのにもかかわらずこの1年間、

自分の中であまり関心がなかった

 

んだけど、今回

なんと我が弟が高校の短期留学でWellingtonにいるということで、

これは絶好の機会だと思い、

弟の様子を伺う半分、観光半分みたいな感じで行ってきた😊

 

 

朝6時

クライストチャーチを発つ

IMG_20170129_054809.jpg

あたりはまだ暗い

 

Wellingtonまでは飛行きでたったの50分

寝たか寝てないかわからないくらいで着いてしまった😂

とりあえず街までバスで出てみた

 

街がまだ閉まってる

さすがに着くの早すぎたか〜

 

 

img_20170129_084423
街の中心 Cuba Street

 

 

とりあえず街中をぶらぶら歩いてみた

やっぱり首都だけあって都会だな〜

田舎から来ました!みたいに高層ビルを見上げる

そこで初めて自分の住んでる場所が小さいんだな〜って自覚する

 

 

img_20170129_084915
Wellingtonの港!

 

 

宿にもチェックインできないかもやけどとりあえず宿に向かうことに

 

宿に行く途中にマーケットを偶然発見した

そういえば今日は日曜日だった

ラッキー😝

 

幸運にも宿の目の前だったから、宿に荷物だけ預けて、

このマーケットで3日間の食材を調達。

 

 

破格の安さ

 

 

地元 弘明寺をも超えるやすい野菜がたくさん

img_20170129_085938

アボカドも4つで5ドルって結構やすいよね?

 

そしてWellingtonでかなり有名な

Te Papa

という国立NZ博物館に行ってきた

img_20170129_085223

めちゃめちゃでかい!

 

中は6階建てで各フロアでテーマが違ってる

 

けど、このメインは何と言っても戦争博物館

 

第一次世界大戦で多くのNZ人が犠牲になったから。

 

 

 

img_20170129_103627

入口入ってすぐのこの像↑

この破壊力は半端じゃない

なんて言ったってこのスケール

 

 

img_20170129_104019

右隅のカメラを向けている人と比較してほしい↑

 

 

img_20170129_104506

これも高さ3mくらい

体毛から手についてる虫から、傷口から

全てがリアル

 

 

img_20170129_104859

 

言葉はあんまりわからなかったけど、

というかあまりに長いので映像だけ楽しんだけど、

 

この作品は視覚に強烈に訴えてきて、

言葉が全くわからなくても、戦争の悲惨さとか、

この博物館の伝えたいメッセージは伝わるんじゃないかな

 

他にもこのミュージアムについて挙げればたくさんあるけど割愛

 

さすがはウェリントン。

早速ニュージーランドの本気を見たような気がした

 

これだけ内容が充実した博物館は世界中でもそうそうないと思う

 

しかも入場料とか全て無料!!

 

素晴らしすぎます😭

 

あとはウェリントンは首都で、政治の中心でもある

img_20170130_123041

 

これが日本でいう国会議事堂

名前はBeehiveで蜂の巣っていう意味

確かにそういう形してるな

 

img_20170130_123413

 

 

img_20170130_123702

 

こういう規模の建物を見るのが久しぶりだったので、

つい興奮して写真をパシャパシャと。

 

 

 

あとはケーブルカーにも乗ったりしたimg_20170130_115417

5分間で120m上まで登る

帰りは歩きながら市内まで戻ってきた

 

img_20170130_120720

 

img_20170130_121623

 

img_20170130_121557

WellingtonのBotanic Garden

ヨーロッパの人って本当にこういう植物園というか、庭園が好きだよな〜

NZ各地にこういうものが存在してるもんね

 

 

 

Wellingtonの街はざっとこんな感じ

かなり手抜き感あるけどw

 

弟は思ったより元気にしてたので安心した

弟のホストファミリーにも会いに行って、いろいろとご飯をご馳走になったりして、

楽しい時間を過ごせた

 

img_20170129_155320
家の前からの景色。

 

 

兄として、いろいろとこっちでの生活とか、

英語の勉強の仕方とか教えてあげようと思ったけど

 

ただベラベラああしろこうしろって言ってもそれが本人のためになるかって言ったらそうじゃないし、

そもそも10言っても半分も吸収できないと思ったから

あえてあんまりそういうアドバイス的なことは控えた

 

img_20170129_180705

弟への支給品一覧

ラ王とマルちゃん製麺は母親から送ってもらった

 

これを弟にあげるのは本当は嫌だったが、

同じ家族、同じラーメン好き一家に生まれた長男として、

海外でラーメンをすすりたくなる気持ちがわかるので、

断腸の思いではあったが、支給品として持ってった

 

あとはふりかけ

弟は

「タイ米がまずい」

とかなんとか言ってた

「でもチャーハンにするとうまい」らしい。

 

日本食のありがたさを痛感していたようだった

立派な経験してるじゃないか弟よ!😙

 

ふりかけも嬉しかったらしく、もらった瞬間からふりかけだけボリボリと食べ始めた

 

img_20170130_135828

そしてNZで有名なお菓子

これうまいからとりあえず食え!

半ば強制的ではあったが持って帰らせた

 

美味しくなかったら美味しくないで、

美味しかったらお土産として買っていけばいいと思う

 



 

 

2泊3日のウエリントン滞在を駆け足で振り返ってみた

 

 

全体を通してこの街に抱いた印象

 

 

「風が強い」

 

 

もう正直序盤からずっとそのこと書きたかったくらい

 

けど書いたらそればっかりになっちゃうから後でまとめてと思って😑

 

 

その印象しかほとんどないくらい

 

時々本当に笑えないレベルで強くて本当に困る

 

どのくらい強いかっていうと、

女性が朝、時間をかけて髪の毛をセットして家を出て、

10秒でその髪型が風で台無しになってしまうくらい

 

 

 

まあもっとも、

この街に住む人はそんなこと考えもしないんだろうけど。

 

 

 

ナンセンスとはこのことか😉

 

 

 

img_20170131_141546

伝わるかな〜この写真で

 

img_20170131_141344

 

いや写真じゃなかなか伝わらないか

 

これはMt.  Victoriaというウェリントン郊外の山にある展望台

 

ググってみたけど、この街は年中通して本当に風の強い街らしい

 

なんでこんなに風強いんだろう

 

そう思って調べてみると、

どうやら、NZの政治家が毎日あのBeehiveで喧々諤々いろんな問題を議論してて、

その結果Wellingtonは風が吹き荒れてる

 

 

そういうことだった

 

 

 

なるほど納得

 

 

 

(普通に地形的な要因です😌)

 

 

なんだかんだ文句ばっかり言いながらも

リフレッシュできたし、

弟に久しぶりに再会したし、

NZの新しい街を見れたし、

いい旅行だったなあ〜

 

 

来た時には気づかなかったけど、

ウェリントン空港の中がすごかった

 

img_20170131_162851

 

img_20170131_163235

 

空港の中にいろんな映画のキャラクターの模型がいたるところに存在してる

 

どうやら時期によって空港内のキャラクターが変わるみたい!

croppedimage200155-2012-airport-gollum

子供泣かせのデザイン↑

 

そうそうウェリントンは映画で有名な場所だっていうのも忘れずに言っておかないとね

 

アバターとか、Hobbitとかその他数多くの映画のキャラクターデザインとかCGとかをWellingtonでやっていたりする。

 

そこにツアーで申し込めば見学もさせてもらえるらしいので映画好きにはたまらないに違いない

また今度来ることがあったらそこも行きたいなぁ

 

 

首都といえどもここはニュージーランド

規模感は小さかった

けど逆に街全体がコンパクトにまとまってて無駄がない感じがした

 

 

映画とコーヒーとショッピングと強風

このどれか一つでも当てはあなたは是非一度行ってみてくださいね〜

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました😊

 

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中