👬Make friends from ZERO👬

最初にこの写真。
Evernote Camera Roll 20160223 215204
インターンでお世話になっているところから頂いたこの箸。「余白」という言葉の持つ奥深さはこの会社で働いた人でないとわからない。僕は未だにこの言葉を理解仕切れていない。
いつもLunchの時にお世話になっている。なんだかんだ言って精神的な支柱というか、目に見えない安心感を与えてくれているのはまちがいないと思う。
持って行って正解だったな〜😊
************
話は逸れたが今回のテーマは「留学先で友達を作る」ということに関して。
単刀直入に結論から言うと、友達がなかなかできない。(現在)
ただそれもずっと続くわけじゃないだろうし、この時期はこの時期で大切な時期だろうから、悲観してるわけではない。
もちろん楽観しているわけじゃないけど。
日本の大学では、留学生はそれなりに歓迎されてたし、少なくとも自分は留学生を歓迎する立場として、いろんなコミュニティーに属していた。
だからこの時期には何となく、いつも自分がやっていることと逆の扱いを受けるんだろうなと思ってた。
けど実際は留学生だとか、外国から来てるとかいうことで特別扱いされたりは全くしないし、そもそも国外から来てる留学生なんて日本に比べて全然珍しくない。
だから留学生の歓迎パーティーとかも特にない。
これが意外と厄介。
自分の大学ではこれに参加しさえすればある程度の友達はできるし、外国人が望んでいるであろう日本人との交流もできた。
まあ自分の大学と勝手が違ったっていう話は置いといて、
こうなってくると、自分からガツガツ行かない限りコミュニティーは広がらないということになる。
なるほど、俺の得意分野じゃないですか〜😎😎😎
一人の時間にいろいろと考える。
どうしたらいいんだろう、どのコミュニティーに行けはいいんだろう。
今はそんなことを割と真剣に考えている。
いくつか当てはあるし、予定はある。さっきも言ったようにあんまり悲観的ではないが、けど思い描いていた留学像でいうと、もうこの時期には結構友達はできていた。
留学って本当に0からのスタートなんだな〜と実感。だーーーれもいない。家族も、友達も、恋人も、ヨッ友(ういっすーって挨拶するだけの仲)も。自分を知っている人は誰一人としていない。
こんな状況ってこれから生きていく上でもうほとんどないんじゃないかな〜とか思ったり。
スタートが0だけに1年後の成果がわかりやすく現れる。自分が活動すればするだけわかりやすい形で現れていく。
ここはひとついい機会、いい経験だと思うしかない。この留学が成功したらきっとそれがあらゆる意味で自信になるだろうな。
同じビジネスコースに一人だけ日本人がいるが、彼も同じような悩み・課題を持っていた。
お互い助け合おう、情報はシェアしあおうっていうことは言ってある。お互いに頑張ろうじゃないか!!
今この時期に、自分がニュージーランドでやりたかったこと、留学中に達成したいことをもう一度明確にして、どんな友達を持つべきなのかをクリアにしよう。
これも数ヶ月後には何でもない悩みだったんだなって思える日が来ることを信じて。
とりあえず明日はドイツ人の友達の誕生日パーティーや🇩🇪🇯🇵😊
************
終
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / å¤‰æ›´ )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / å¤‰æ›´ )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / å¤‰æ›´ )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / å¤‰æ›´ )

%s と連携中