自転車日本縦断~19日目~

http://ameblo.jp/cycle-traveler/entrylist-2.html

彼のブログです😊

最後に少し自分の振り返りをしてます

 




 

 

今朝はホテルの朝食をいただき、遅めの出発。

宮崎市街をでるとすぐに上り坂が。
都城までかなりの距離を上った。

宮崎市から50㎞で都城のイオンに到着、ここでお昼ご飯。

昼過ぎに都城を出て宮崎ー鹿児島県境へ。

ここでいつもなら県境の写真を載せるのだが、何故だか鹿児島県の看板が無いまま鹿児島県曽於市に入っていた。

曽於から先もアップダウンが繰り返される。
九州は坂が多くて辛い…


(曽於市内。ついに佐多岬の文字が!)

途中志布志のコンビニで休憩。暑くなったのでアイスを購入しようとしたとき、店員のおばさんが声を掛けてきた。

「どっから来たの?………北海道!?あらまーほんと!!……………うんうん、せっかく鹿児島まで来たんだからアイスコーヒー飲んでいきな!」

なんとコーヒーをサービスしてくれた!氷たっぷりで冷たく、とても美味しかった。

休憩をしてから鹿屋を通り抜けてきつい坂を上り下りした先に、鹿児島湾が見えてきた。

ここから海沿いを南下。これまたアップダウン。なかなか平坦な道がない。

しばらくすると南大隅町についた。佐多岬がある町だ。この町にある、ネッピーの湯に入った。

温泉だが、海が近いせいか塩分が入っていて、落車の傷痕に滲みたのでほとんど浸かれなかった。

温泉の休憩室でゆっくりしていると、真っ黒に日焼けした若い男の人が話しかけてきた。

話を聞くと彼も自転車乗りで、日本半周をしているらしい。

しかも横浜出身で近所の大学に通っている同い年。奇遇だ。

たまたまキャンプする場所も一緒だったので3人で向かう。
今晩は道の駅根占(ねじめ)だ。

相当きつい坂も、競技で自転車に乗っているという彼はスイスイと上がって行く。彼曰く、150㎞/1日は進んでない日の距離、らしい……。

道の駅に着く。キャンプ場は国道から更に山の上に上がる所にあるらしい。その斜度はこれまでに見てきたどの坂よりも険しい。

手で自転車を押して上がるが、それでも進まないくらいの斜度。だれがこんなところに道を作ったのだろうか?

先客は誰もいない。
…が、毛虫が物凄く大量にいる。頭がオレンジ色で体は黒い。まことに恐ろしい……

荷物に付いていないことを何度も確かめて、テントのチャックをサッと開けて、すぐに入り、しっかりと閉じる。

一緒に来た日本半周の彼はすぐにテントを張って寝たようだ。

今日はアップダウンが険しすぎて写真をとる余裕が全く無かった。とった写真は3枚。残りの2枚は…


(I君の晩御飯、なんとか定食)


(自分の晩御飯、チャーシュー丼)

温泉に併設されているレストランで食べた晩御飯。とても美味しかった。

明日で長かった(ようで実は短かった)日本縦断も、ついにゴールを迎える(予定)。

ここまでの様々な出来事を一つ一つ振り返りながら、そして明日の感動のゴールを想像しながら寝ることにしよう。

≪距離≫
宮崎ー南大隅町根占 125,98㎞
宗谷岬から           2,467㎞

 



 

(感想)

九州に入ってから、確かにキツかったし、平坦な道が少ないくらい本当にアップダウンの連続。

 

だけどもう九州に入ってから、ゴールすることしか考えてなかった。だからどんな坂でも登りきることができた。

 

北海道、北陸、そして愛媛県の佐多岬半島。これを超えるものはもう現れないだろう、これを超えてきたんだからっていう自信もあったし、早くゴールして横浜に帰りたかった。

 

 

もうこんな生活うんざりだよ😭 😭

 

明日ついにその瞬間が。。。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中