自転車日本縦断~4日目~

http://ameblo.jp/cycle-traveler/entrylist-2.html

彼のブログです😊

最後に少し自分の振り返りをしてます

 



 

今朝は7:00頃起床。とてもよく寝た。

朝御飯はホテルの隣のスーパーで、前夜に購入したおにぎり。I君は何故かマグロとアジの刺身、スープ春雨、梅おにぎり。

9:00、ホテルを出発。雲は出ているが、すき間から青空を覗かせている。

10:00、今日は高校時代の友人と会う約束をしている。指定された札幌市内の店の前で待つも来ない。30分後、諦めて出発。どうやらお寝坊さんだったようだ…会いたかったが残念。

しばらくは札幌のベットタウンを走り、やがて上り坂に。ここからは30㎞ほど続く長い坂だ。

途中で黒雲が近づく。ついに雨が降りだした…
元々25℃くらいの気温で、そこに雨が降るのでかなり冷える。寒すぎて8月であることを疑う。

そして13:00…


(頂上の中山峠。道の駅に立ち寄る。)

道の駅「望羊中山」の名物は あげいも。
沖縄のサーターアンダギーのような見た目で中にはジャガイモがまるまる入っている揚げ物。3つ串刺しに。(写真ないです。お腹すきすぎて撮るのを忘れてた。)


(日が射してきた。ついに晴れるのか?)

峠を出発。ここからは下り坂なので一気に下る。喜茂別という町につく。ここで再び雨。とんでもなく寒い…

国道230号。札幌からここまでひた走ってきた道。アップダウンが激しく、結構つらい。

続いて留寿都に。リゾート地として有名な場所だが雨ではなんだかよくわからない。遊園地のアトラクションは全部止まっていて、さながら廃墟。

しばらく走っていると雨がやんできた。洞爺湖町に入る。


(道の駅とうやでアイスクリーム。I君は写真をとる前に待ちきれず食べかけてしまった。)


(暗く映ってしまっているが、これが洞爺湖。初めて見たがかなり大きい。)

ここからあと20㎞で今日のゴール、豊浦町。また雨が、というか雹が降りだした!

おいおい8月だろ、どうしたんだ北海道。

…あ、北海道だからか。

自分でも何を言っているか分からなくなってきた…それほどまでにこの辺りの天気はよくわからない。

洞爺湖から豊浦町までの、20㎞はまさにアップダウンの連続だった。最後の下り坂、ものすごい雨と突風が吹くなかを下る。何度も落車しかけた。ここまでで一番身の危険を感じた。

豊浦町に着く。特に宿等は決めていなかったが、雨なのでキャンプは諦めていた。道の駅の軒先で寝ようと思い、まずは場所を確認。それから近くの温泉施設へ向かうため道の駅で温泉施設を探す。すると、しおさい という温泉を発見、どうやら宿泊もできるらしい。

雨のなかしおさいを目指す。駐輪場に「日本一周」の旗のついた三輪の手押し車?のようなものを発見。案外同業者いるものだなぁ。

しおさいのフロントで宿泊できるか訪ねると

「あいにく今日は満室です…」

仕方なく来た道を引き返す。温泉に入ることも諦めた。I君が途中で民宿を見つけていて(自分も見たような気がした)、そこで泊まれないか聞いてみないか?という。特に電気がついてるわけでもなく「開いてなさそうだね…」とか何とか話していると…

パッとカーテンが開く。中からお母さんがこちらを見てくる。雨のなか突っ立っているとお母さんが出てきて
「こちらへきなさい!一部屋なら開いてるよ!」とのこと。助かった。素泊まりさせてもらう。

ご飯はコンビニに買いに行く、というと「それなら雨に濡れるから車乗っていきなさい!いま車出すから!」とお父さん。なんでこんなに優しくしてくれるのだろう。

コンビニで晩御飯&翌朝の朝食を買って戻る。お母さんがずぶ濡れの僕らに気を遣ってお風呂を沸かしてくれた。も、もう感動。何て言えばよいのか…ひたすらお礼をする。


(豊浦町は噴火湾、太平洋に面する港町。宿から見た夕陽。雲の隙間からだけ見えている太陽の光が幻想的…だったのだが写真ではわかりにくい、か。)

夜、今は雨も止んでいる。お母さんによると明日は晴れるとのこと。行けるところまで走ってしまいたい。


(右はI君。グローブ焼け。本人はグローブをとって全部焼くか、アームカバーを買って腕の日焼けを防ぐか悩んでいるが…後者は意味あるのだろうか?)

4日も外にずっと出ているとかなり日に焼ける。自分は腕にアームカバーをしているので、顔のサングラス焼けのみだが、I君はしていないのでご覧の状態。30日たった頃には黒人になるとかなんとか言っていた。

≪距離≫
札幌ー豊浦 110,00㎞
宗谷岬から 473,17㎞

≪費用≫
食費 1,560円
宿代 3,000円
雑費    100円
計     4,660円

 



 

(感想)

 

この日は、縦断を通して一番標高が高いところ

 

「山中峠」を通る日だった。

 

もう朝とかどんな辛い坂があるんだろうって本当に鬱な気分だった。

 

今日も死ぬんだな〜って。

 

確かにきつかったかもしれんけど、登りきって、

 

「あれ、予想したまでもなかったな」って思った。

 

 

おそらく距離は長かったけどその分比較的緩やかだったからだな。

 

この日はもう雨に風にものすごかった。2人とも怪我なく終われたのが本当に奇跡っていうくらい。

 

 

最終的に心優しい夫妻の宿に泊めてもらって。

 

グローブ焼け、かなり深刻だねそれにしても😭

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中